SDGs目標15「陸の豊かさも守ろう」~アデランスSDGs・CSR「フォンテーヌ緑の森スマイル活動」~
PLANET

SDGs目標15「陸の豊かさも守ろう」~アデランスSDGs・CSR「フォンテーヌ緑の森スマイル活動」~

SDGs目標15「陸の豊かさも守ろう」(Goal15: Life on land)は、陸地における生態系、森林、土地、生物に対して、持続可能な環境を提供できるようにするという目標です。この記事では、株式会社アデランスが地球環境保護を目的に静岡県立森林公園で約100本のアカマツを植樹した取り組みについてご紹介します。

国際連合広報センターサイト「JAPAN SDGs Action Platform」における「持続可能な開発のための2030アジェンダ 仮訳(PDF)」によると、以下のように記載があります。

目標 15. 陸域生態系の保護、回復、持続可能な利用の推進、持続可能な森林の経営、砂漠化への対処、ならびに土地の劣化の阻止・回復及び生物多様性の損失を阻止する

15.1 2020年までに、国際協定の下での義務に則って、森林、湿地、山地及び乾燥地をはじめとする陸域生態系と内陸淡水生態系及びそれらのサービスの保全、回復及び持続可能な利用を確保する。
15.2 2020年までに、あらゆる種類の森林の持続可能な経営の実施を促進し、森林減少を阻止し、劣化した森林を回復し、世界全体で新規植林及び再植林を大幅に増加させる。
15.3 2030年までに、砂漠化に対処し、砂漠化、干ばつ及び洪水の影響を受けた土地などの劣化した土地と土壌を回復し、土地劣化に荷担しない世界の達成に尽力する。
15.4 2030年までに持続可能な開発に不可欠な便益をもたらす山地生態系の能力を強化するため、生物多様性を含む山地生態系の保全を確実に行う。
15.5 自然生息地の劣化を抑制し、生物多様性の損失を阻止し、2020年までに絶滅危惧種を保護し、また絶滅防止するための緊急かつ意味のある対策を講じる。
15.6 国際合意に基づき、遺伝資源の利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分を推進するとともに、遺伝資源への適切なアクセスを推進する。
15.7 保護の対象となっている動植物種の密猟及び違法取引を撲滅するための緊急対策を講じるとともに、違法な野生生物製品の需要と供給の両面に対処する。
15.8 2020年までに、外来種の侵入を防止するとともに、これらの種による陸域・海洋生態系への影響を大幅に減少させるための対策を導入し、さらに優先種の駆除または根絶を行う。
15.9 2020年までに、生態系と生物多様性の価値を、国や地方の計画策定、開発プロセス及び貧困削減のための戦略及び会計に組み込む。
15.a 生物多様性と生態系の保全と持続的な利用のために、あらゆる資金源からの資金の動員及び大幅な増額を行う。
15.b 保全や再植林を含む持続可能な森林経営を推進するため、あらゆるレベルのあらゆる供給源から、持続可能な森林経営のための資金の調達と開発途上国への十分なインセンティブ付与のための相当量の資源を動員する。
15.c 持続的な生計機会を追求するために地域コミュニティの能力向上を図る等、保護種の密猟及び違法な取引に対処するための努力に対する世界的な支援を強化する。
このように、SDGsの目標15は陸地における生態系、森林、土地、生物に対して、持続可能な環境を提供できるようにすることを目的としています。

今回の記事では、株式会社アデランスが地球環境保護を目的に静岡県立森林公園で約100本のアカマツを植樹した取り組みについてご紹介します。
毛髪・美容・健康のウェルネス産業の株式会社アデランス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 津村 佳宏)は、2020年12月8日(火)、2021年1月19日(火)の2日間にかけて静岡県立森林公園(浜松市浜北区尾野)にて「フォンテーヌ緑の森キャンペーン~緑の森スマイル活動・アカマツの森植樹~」を開催し、横浜ゴム株式会社の新城工場で育成された約100本の苗木を植樹しました。
また、設置した看板に国内グループ会社である株式会社パルメッセ(本社:東京都新宿区、代表取締役社長 川上 英夫)が、2020年9月に提供を開始したハイブリット光触媒ブランド「Hikarium」を用いた光触媒コーティングを施しました。
植樹の様子

植樹の様子

看板に光触媒コーティングを実施

看板に光触媒コーティングを実施

株式会社アデランスでは、使われなくなったウィッグの回収と環境保全とをつなげる「フォンテーヌ緑の森キャンペーン」を、2009年から実施しています。本キャンペーンの一環として、2019年4月に、静岡県と合同会社ツバルの森の3者で「しずおか未来の森サポーター協定」を締結し、民間企業として初めて「静岡県立森林公園でのアカマツ林再生プロジェクト」への協力を開始しました。2019年12月以降、苗木の成長を妨げる枯葉や倒木を取り除く作業、アカマツの苗木を植える作業などを行っています。
今年度は少人数で12月に地ならし、1月に苗木の植樹を実施しました。1月の植樹では横浜ゴム新城工場で育成された苗木約100本を当社社員が1つ1つ丁寧に植樹しました。また、設置した看板には、太陽光や室内灯などの光が当たることで、抗菌・抗ウイルス・消臭などの効果が期待される光触媒技術を用いた光触媒コーティングを施しました。
アデランスグループは、グローバルに事業を展開する企業として、SDGsで掲げられる、世界が直面するさまざまな課題と真摯に向き合い、事業を通じた社会課題の解決を図ることで、持続可能な社会の実現に寄与し、持続的な成長を目指しています。
SDGs達成目標

本活動の関連するSDGs目標

フォンテーヌ緑の森 スキーム図

フォンテーヌ緑の森 スキーム図

株式会社アデランスでは、使われなくなったウィッグの回収を促す環境キャンペーン「フォンテーヌ緑の森キャンペーン」を、2009年から実施しています。

「フォンテーヌ緑の森キャンペーン」は、期間中にウィッグ回収にご協力してくれたお客様の売上の一部を利用し苗木の植林を行うものです。植林支援は、環境コミュニケーションを推進する「ツバルの森」を通じて、山梨県内の山林地域に「フォンテーヌの森」を設置し苗木を植林しています。既に1,200本以上を植林しており、2009年に初めて植えた苗木は、現在では大人の背丈ほどに成長しています。
そして2017年より東北地方の桜の植樹活動支援の他、「ツバルの森」を通して全国各地の様々な環境保全を支援していく活動へと深化させてきました。日本の美しい自然を未来の子どもたちに残すため、全国規模の環境保全活動を今後も継続的に実施していきます。
・株式会社アデランス
https://www.aderans.co.jp/corporate/
・株式会社パルメッセ
https://www.palmesse.com/
・横浜ゴム株式会社
https://www.y-yokohama.com/
・合同会社ツバルの森
http://www.tuvalu-forest.jp/
  • SDGs fan メルマガ登録