SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」~海洋環境保全「サンゴ育成プログラム ~コーラル・ナーチャリング~」を開始 ~
PLANET

SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」~海洋環境保全「サンゴ育成プログラム ~コーラル・ナーチャリング~」 ~

SDGs目標14「海の豊かさを守ろう」(Goal 14: Conserve and sustainably use the oceans) では、あらゆる種類の海洋汚染を防止し大幅に削減することが最も重要な課題です。今、私たちの海のサンゴ礁は9万種類もの海の生き物の生活を支え、私たちに豊かな漁場を提供してくれていますが、既に世界中の3分の1のサンゴ礁が絶滅寸前と言われています。今回の記事は、豊かな自然とサンゴ礁に縁取られた沖縄海岸国定公園内に位置するハレクラニ沖縄(ホテル)による、サンゴ礁地帯をはじめとした海洋環境を守る海洋環境保全活動「サンゴ育成プログラム ~コーラル・ナーチャリング(Coral Nurturing)~」のご紹介です。

地球の面積の7割を占める海。この豊かな海からは私たちが生きるための食べ物など、多くの恵みを受け取っています。
しかし今、その海が乱獲による生態系の破壊やプラスチックのごみなどにより、深刻な問題を抱えています。

外務省 SDGsサイト「JAPAN SDGs Action Platform」における「持続可能な開発のための2030アジェンダ 仮訳(PDF)」によると、以下のように記載があります。

目標14 持続可能な開発のために海洋・海洋資源を保全し、持続可能な形で利用する
14.1 2025年までに、海洋ごみや富栄養化を含む、特に陸上活動による汚染など、あらゆる種類の海洋汚染を防止し、大幅に削減する。
14.2 2020年までに、海洋及び沿岸の生態系に関する重大な悪影響を回避するため、強靱性(レジリエンス)の強化などによる持続的な管理と保護を行い、健全で生産的な海洋を実現するため、海洋及び沿岸の生態系の回復のための取組を行う。
14.3 あらゆるレベルでの科学的協力の促進などを通じて、海洋酸性化の影響を最小限化し対処する。
14.4 水産資源を、実現可能な最短期間で少なくとも各資源の生物学的特性によって定められる最大持続生産量のレベルまで回復させるため、2020年までに、漁獲を効果的に規制し、過剰漁業や違法・無報告・無規制(IUU)漁業及び破壊的な漁業慣行を終了し、科学的な管理計画を実施する。
14.5 2020年までに、国内法及び国際法に則り、最大限入手可能な科学情報に基づいて、少なくとも沿岸域及び海域の10パーセントを保全する。
14.6 開発途上国及び後発開発途上国に対する適切かつ効果的な、特別かつ異なる待遇が、世界貿易機関(WTO)漁業補助金交渉の不可分の要素であるべきことを認識した上で、2020年までに、過剰漁獲能力や過剰漁獲につながる漁業補助金を禁止し、違法・無報告・無規制(IUU)漁業につながる補助金を撤廃し、同様の新たな補助金の導入を抑制する**。 **現在進行中の世界貿易機関(WTO)交渉およびWTOドーハ開発アジェンダ、ならびに香港閣僚宣言のマンデートを考慮。
14.7 2030年までに、漁業、水産養殖及び観光の持続可能な管理などを通じ、小島嶼開発途上国及び後発開発途上国の海洋資源の持続的な利用による経済的便益を増大させる。
14.a 海洋の健全性の改善と、開発途上国、特に小島嶼開発途上国および後発開発途上国の開発における海洋生物多様性の寄与向上のために、海洋技術の移転に関するユネスコ政府間海洋学委員会の基準・ガイドラインを勘案しつつ、科学的知識の増進、研究能力の向上、及び海洋技術の移転を行う。
14.b 小規模・沿岸零細漁業者に対し、海洋資源及び市場へのアクセスを提供する。
14.c 「我々の求める未来」のパラ158において想起されるとおり、海洋及び海洋資源の保全及び持続可能な利用のための法的枠組みを規定する海洋法に関する国際連合条約(UNCLOS)に反映されている国際法を実施することにより、海洋及び海洋資源の保全及び持続可能な利用を強化する。


目標14「海の豊かさを守ろう」 では、あらゆる種類の海洋汚染を防止し大幅に削減することが最も重要な課題です。今、私たちの海のサンゴ礁は9万種類もの海の生き物の生活を支え、私たちに豊かな漁場を提供してくれていますが、既に世界中の3分の1のサンゴ礁が絶滅寸前と言われています。

今回の記事では、豊かな自然とサンゴ礁に縁取られた沖縄海岸国定公園内に位置するハレクラニ沖縄による、サンゴ礁地帯をはじめとした海洋環境を守る海洋環境保全活動「サンゴ育成プログラム ~コーラル・ナーチャリング(Coral Nurturing)~」をご紹介します。
沖縄は世界に生息するサンゴの半数以上の種類が確認される地域です。琉球大学熱帯生物圏研究センター、山城 秀之教授の調査結果によると、ハレクラニ沖縄が位置する周辺の海域も数多くのサンゴが確認され、沖縄本島でも有数のサンゴ礁域であることが判明しています。サンゴ礁は生物多様性の宝庫であり、サンゴ礁が海洋に占める面積は全体のわずか0.2%ですが、海洋生物の25%が棲息しています。
古来より沖縄では、 サンゴ礁が天然の防波堤として島々を守り、また豊富な水産資源により人々の命を支えてきました。

しかし近年、世界的な気候変動、海洋プラスチック、陸域からの汚染などによる海洋環境の悪化により、サンゴ礁にも甚大な悪影響が生じ、その維持の危機に直面しています。
“地域環境の保全に貢献する”をミッションのひとつとして掲げるハレクラニ沖縄では、 この危機の回避に寄与するとともに、 「SDGs No.14:海の豊かさを守ろう」の一環として、 「コーラル・ナーチャリング」プログラムを提供しています。
ハレクラニ沖縄が実施するこのプログラムは、ホテル周辺の海域において気候変動や食害などの理由によりサンゴが死滅してしまった場所にサンゴの植え付けを行うことにより、 かつてのサンゴ礁の姿を取り戻すことを目的として行うものです。 この活動の資金は、 ホテル内の「ハレクラニブティック」において、ペットボトルを再生した原料でつくられたエコバックの販売による利益の全額を用いて賄われます。
このプログラムは、 サンゴ礁と生きものたちの豊かなつながりや正しい海洋環境保全のレクチャーと、サンゴの苗づくりを体験し、植え付け風景を船上から観察できます。 美しい海の保全を知っていただくお子様の体験学習にも最適な一連のアクティビティです。

ゲスト参加アクティビティ「サンゴ育成プログラム コーラル・ナーチャリング」概要
(2021年3月31日 本記事掲載時点の情報です)

・開催日時 : 毎週水曜日 午前10:00~午前11:30
・定  員 : 1開催につきにつき4名様まで
・対  象 : ホテルにご宿泊されている小学生以上のお客さま

・アクティビティの流れ:
1. 海洋環境およびサンゴ礁保全のレクチャー
2. サンゴ苗用基盤への記念の書き込み
3. 手を水槽にて冷やしながらの苗づくり体験
4. 桟橋からサンゴ育成棚を箱メガネで観察
5. 沖合のサンゴの植え付け場所の観察および数カ所のサンゴスポットを周遊
※植え付け場所の見学はご希望の方のみとなります。 また、 荒天の場合は中止となります。
ハワイを代表するホテル「ハレクラニ(Halekulani)」の2つ目のホテルであり、 ハワイ以外では初のホテルである「ハレクラニ沖縄」は沖縄本島の恩納村に位置するラグジュアリーなビーチリゾートです。「Halekulani」は、ハワイ語で「天国にふさわしい家」を意味しています。
周囲の地理的景観を生かして建設されたこのホテルは、 沖縄海岸国定公園内の約8万7,000平方メートル におよぶ敷地面積と豊かな自然に囲まれ、 全長約1.7kmの海岸線沿いに面しています。 ハレクラニ沖縄は世界の中で最も特別でラグジュアリーなホテルだけが加盟できるザ・リーディングホテルズ・オブ・ザ・ワールド(LHW)の、 日本で3番目の加盟ホテルです。

ハレクラニ沖縄 公式サイト
https://www.okinawa.halekulani.com/
  • SDGs fan メルマガ登録